2014年04月22日

凪の蔵がお薦めする安芸津百景その6 ~青空を舞う119匹の鯉のぼり~

安芸津の青空を舞う鯉のぼり

毎年、4月初旬から5月の初旬まで









安芸津の空を彩る欠かせない風景です









地元の少年消防クラブ・消防団の方々により企画されています










火災予防の一環としてされているので119匹の鯉のぼりが舞っています



少し風が吹けば、鯉が躍動する姿は見事です








場所は安芸津駅近くの三津大川河口付近になります



電車が近くに走っていますので、

JR呉線の乗って列車から眺めるのも趣のある楽しみかたかなと思います。



そして、少し山手に登ってみると








こんな風景も見ることができます


鯉が群れで登っているように見えますね



この頃の安芸津町、道端を歩けばこんな光景がいたるところで見ることができます









菜の花です

道端に咲いている、何気ない光景ですが、なんとなく癒されます



そして気になる海の方では・・・











甲イカが少しづつ水揚げされだしました


まだ、多くなく収穫量は安定していませんが、これからどんどん増えてくると思います













凪の蔵の方でも、これからどんどんお薦めしていきます





そして、これから暖かくなり、行楽シーズンになりますが










仕出し弁当も承ります


春から初夏へ季節が移ろうとしている安芸津へ、是非、遊びに来てください  

2014年04月08日

凪の蔵がお薦めする安芸津百景その5 海の見える桜




日本人が最も愛する花の一つである


さくら・・・



その桜の言わずと知れた安芸津の名所







安芸津町正福寺山公園の


海が見える桜


ただいま 満開です










公園内に一歩足を踏み入れれば


約1500本のソメイヨシノが咲き乱れ


桜のアーチで迎えてくれます








まさしく山一面がピンクの染まります







そしてこの正福寺山公園の一番の見どころは







目の前の青い海に映える桜


青とピンクのコントラストですね







青く澄んだ緩やかな海を流れるように走る船


そして、海を飾るように並べられた特産品の牡蠣を養殖している筏



この風景は是非とも、後世に残していきたい風景です




思えば、この正福寺山公園はいつ頃から桜を植え、名所と呼ばれるようになったかご存じでしょうか?


1935年(昭和10年)に瀬戸内を走るJR呉線が開通しました


ちょうどこの頃、工事関係者や町の有志の方達の会合が正福寺で行われていたそうです

そこで、話にでたのが

「呉線開通記念に桜を植えて、沿線の名所にしてはどうか?」


と話が持ち上がったそうです


そして1937年(昭和12年)に10本の苗木を植えたのが始まりで


1951年(昭和26年) 正福寺を公園化することが決定

そしてすぐに300本が植えられ

その後、増えていき







現在の、約1500本の規模になったそうです


私も地元の商工会青年部の仲間達と年に数回みんなで山に入り


皆様により桜を楽しんでいただくために整備させていただいております


今年も2月の終わりと、3月初めに整備しましたが


この時期、皆様の喜ぶ顔を見ると、地元の私達の励みになります


先人が残してくれた美しい桜、これからも守っていかなければと思います。



さて、こんな美しい桜の時期


この時期になるとこんな食材が出始めます






わらびや






たけのこ








アスパラなど



凪の蔵ではこのような山の幸と海の幸を組み合わせて料理させていただけます






タケノコといかの木の芽和え









サヨリの大葉天(アスパラを芯に巻いています)

4月のマリンビューランチに使用しています

これらを組み合わせた










仕出し弁当など



これからも随所に季節を感じる食材を使い


皆様に楽しんでいただけるように頑張ります









海の見える桜


現在、満開で見ごろです


まだ来られていない方、是非、安芸津町へお越しください


  

2014年03月17日

凪の蔵がお薦めする安芸津百景 その4 早春の白魚漁

少しづつ暖かくなり、春が近いことを感じるこの頃ですね


この時期の安芸津の風物詩、記憶の残る風景といえば・・・








白魚漁の風景です


凪の蔵のある、安芸津町風早でも

毎年、近くを流れる「高野川」河口付近で白魚漁の風景をみることができます









もう少しアップでみるとこうなっています


海からあがってきて、この網の中に白魚が入るようになっています








この海から河口まで白魚が泳いできます







少し低い位置から、白魚の目線で写真を撮影してみました


そして、白魚漁のおこなわれている高野川のほとりには


こんな風景もこの時期あります








この時期にちょうど、梅の花が咲いています











毎年、この風景を見ますが、白魚漁と梅の花を見る度に


春の訪れを感じます


この風景を是非、皆さんにも見て欲しいですね










この白魚ですが



あと数週間は凪の蔵に来ていただけると味わっていただくことができます




食することもですが、この風景も是非、見て帰っていただきたいですね





  

2013年06月04日

凪の蔵がお薦めする安芸津百景 その3 じゃがいもの花

皆さんこの時期の安芸津といえば・・・







じゃがいもの花です

安芸津町木谷赤崎地区で

粘土質の土壌「赤土」で栽培されている

じゃがいもの花が咲きました








畑一面に咲いています。


じゃがいもは年2回の収穫ですが(初夏・秋)


秋よりも今時期の方が花は咲きます








じゃがいも畑からも安芸津の海が見渡せます


この時期だけ見れる光景で

季節を感じます




そして気になるじゃがいもですが

収穫の方はもう少し今月末くらいには始まると思います



そして凪の蔵では








じゃがいものデザートで

安芸津産じゃがいもの蒸しプリン

こんなじゃがいもメニューを準備してお待ちしております  

2013年04月30日

凪の蔵がお薦めする安芸津百景 その2 ハート型の島

すっかり過ごしやすい気温になりましたね

気持ち良い気候だし、この大型連休にどこか景色が良いところいきたいなと

思っている方、多くいらっしゃるのではないですか



そんな方にお薦めします






ハート型の島(小芝島)

この島は以前にもブログで紹介させていただきましたが、凪の蔵から少しくれ方面に走ると

大芝大橋という橋があり、大芝島に渡るとすぐに見ることができます。


少し高台から海を見渡すようになりますが、景色は絶景ですよ









この写真は少し違う角度から見たものです

蒲刈島や大崎上島、大崎下島などが見えます



ドライブがてら是非、安芸津に寄って欲しいです



安芸津にくると凪の蔵ではこんなランチをご用意しています










マリンビューランチ 鰆の西京焼

瀬戸内を眺めながら、瀬戸内の旬の食材を楽しんでいただくランチで

現在は鰆の西京焼を準備させていただきます



お酒を飲まれるには






今時期、あさりがとってもおいしいのでおすすめです

写真はシンプルな 「あさりの酒蒸し」ですが

あさりの旨みを堪能するには一番良いのではないかと思います。



海を眺めながら、旬の魚介類を楽しみ






安芸津の地酒や






安芸津産のフルーツを使ったカクテルなどを楽しんでいただけたらと思います。



4月30日 火曜日 定休日

5月 7日 火曜日 定休日



は定休日のためお休みさせていただいておりますが




それ以外の日曜、祭日、大型連休の期間は休まず営業しております




皆さん、是非安芸津町に遊びにお越しください  

< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
naginokura
naginokura
仕出し料理も承ります。
併設店「仕出し やすい」
弁当・オードブル
冠婚葬祭料理など
配達地域はご相談下さい
できる限り対応致します

東広島市安芸津町風早647-4
JR呉線風早駅前
(国道185号線沿い)
TEL 0846-45-0256
昼営業11:30~14:00
夜営業17:30~24:00

地元安芸津町の海の幸・山の幸
を活かした料理を提供致します。
特産品の牡蠣・じゃがいも・枇杷
地酒などを堪能して下さい

広島市内より車で1時間
福山市内より車で1時間
山陽高速道高屋ICより25分
新幹線東広島駅より車で15分
JR呉線風早駅より徒歩30秒



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

広島ブログ